多様ながん保険に恵まれた時代だからこそ。

多様ながん保険に恵まれた時代だからこそ。

保険は加入する人のライフスタイルや求めるものによって千差万別であり、自分が保険に対し何を必要とするのか、何を最も不安に感じるかをまず明確にしておく必要があるのです。

がん保険の特徴として最も分かりやすいものは、医療保険の形に「がん診断給付金」が加わる保険構造ではないでしょうか。これは文字通り、病院でがんとの診断を受けた場合、すぐさま支払われる給付金のこと。1回きりというものもありますが、近年では無制限(回数制限付き)や何年に1度給付、というものも多く登場するようになりました。というのもがんという病気の特性上、もちろん種類にもよりますが短いスパンでの根治というのがやや難しいからです。

がんになった時、まず何を不安に思いますか。がんの治療費でしょうか、家族の生活費でしょうか、それとも最先端の高度な手術に対する保証でしょうか。がん保険を考える時、その目的さえ明確にしておくだけで「良いがん保険」への道のりはぐっと近づきます。

長年の治療を前提にトータルでの保証を希望するのなら医療保険ベースで問題ないでしょうし、生活費や雑費、高額の治療費にもあてたいということであれば給付金を重視した保険を考えるべきです。まずがん保険に何を求めるか、そして今現在自分がどんな保険に加入しているか。それを細かく洗い出すことで自ずと入るべき保険の方向性は定まってくるのではないでしょうか。

最新のお知らせ

  • [2017年02月06日]
    ホームページを更新しました。

  • [2017年02月06日]
    運営者情報を追加しました。